リハビリ整体院の施術について少し詳しく説明します。

 

まずは、オリジナルの関節ストレッチングについて

関節ストレッチングこれは関節とその周辺の筋肉を同時に施術方法です。それぞれの関節の動きの特徴を最大限に利用して行うオリジナルの施術方法です。

関節にはその周辺にインナーマッスルと言う関節を固定する役割の筋肉が多く付着しています。この筋肉は深部にあるため触診がやや難しく普通に触診すると嫌な痛みを伴います。

関節ストレッチングはこの問題を解消するために各関節の特徴的な動きを利用してインナマッスルを表面に導き出して押圧にて刺激する方法です。

左右同時施術で最適な効果を提供関節の動きを利用するので関節の痛みや制限も同時に解消できます。

この方法は、たとえ強い刺激でも筋肉や関節に嫌な痛みを出すこなくインナーマッスルを直接を施術できるので、効果はしっかり出ます。長年かけて取得し完成されたオリジナル療法です。

更に、この方法は左右の関節・筋肉を同時に施術することで、動きの悪いところを客観的に評価できるので、刺激の量や動かす範囲を適切に判断でき安全性のある施術が出来るようになります。

次は筋肉そのものへの施術法です。

筋肉に直接手掌で押圧基本的にまずは個別の筋肉に合わせたストレッチングを行います。この個別筋肉のストレッチングは、評価の意味も含めていますので基本的に身体全体に施すことになります。このストレッチングにより体全体の血流が改善されるためこの時点で身体全体が楽になります。

しかし、ストレッチの場合は主に表面の筋肉が反応しますので、深部の筋肉は十分に緩まないことがあります。更に真に硬い筋肉部分も十分に解れないこともあります。そのため深部筋やさらに硬い部分に関しては直接的に筋肉に刺激を与えます。

実際の施術は直接筋肉を手掌で押圧していきます。この方法は、筋肉の硬い部分(筋硬結)が少し解りづらくなりますが、これも長年の経験で克服でき更に深部の筋肉に嫌な刺激を与えることなく全体的に施術できます。

指先によるトリガーポイント施術深部にある筋硬結もこの押圧にてしっかり緩んできますが、それでも残る箇所にはトリガーポイント施術になります。これはいわゆる指圧になりますので、若干痛みを伴いますが施術後はしっかり効果を確認できます。

関節ストレッチと筋肉への直接圧迫によって殆どの筋肉が施術可能となります。関節と筋肉への施術により大体の痛みは改善されます。

関節や筋肉以外の施術では、血管ストレッチと神経系モビライゼーションがあります。

血管ストレッチと神経系モビライゼーション血管は心臓を中心に、神経は脳を中心に共に全身にくまなく配列されています。その走行に合わせて施術を行い血管神経系の柔軟性を獲得させる方法です。全身運動になりますので、うまく適応出来れば体全体がその場で楽になります。

神経系モビライゼーションは真の神経痛に効果がありますが、痛みを伴いますのでゆっくり時間を掛けて施術します。

北九州市に開業して11年になります。施術歴は病院時代を含めて30年になります。様々な症状を経験しておりますのでご安心下さい。