慢性関節リウマチは進行すると大変です。

概要

関節が腫れて痛む慢性関節リウマチは手足を始め全身の様々な関節が腫れて痛みを生じ、進行すると関節の破壊によって変形や可動域制限などの機能障害を引き起こす難治性の疾患です。

現在日本の患者は約70万人といわれています。女性の方が男性より約4倍多く発症し、発症のピークは30~40歳代から更に60歳代に多く発症する病気です。

症状について

関節の構造関節リウマチは、複数の関節に腫れや痛みを生じさせる慢性・進行性の病気です。

手や足の指、手首・足首、膝や肘関節といった比較的小さな関節に症状が起きることが多く、左右両側の関節に症状が現れることが特徴的です。

関節炎の症状が進行すると、物を掴む・回すといった簡単な動作や歩く・座るといった日常生活に困難をきたします。寝起きに指などの関節がこわばって動かないと言った「朝のこわばり」と呼ばれる症状が出ます。

発症の初期には風邪のような発熱や全身のだるさもあります。

原因について

原因としては、免疫の仕組みに異常が生じ、自分自身の体を攻撃する自己免疫疾患と考えられています。免疫は通常、ウイルスや細菌・寄生虫・カビなどの外敵から自分の体を守るための仕組みですが、免疫のバランスが崩れて自分の体を攻撃してしまうと考えられています。

ウイルスが引き金発症の初期には発熱や全身のだるさといった風邪症状が現れることがあり、何らかのウイルス感染症が引き金になり、そのウイルスに対して免疫反応の暴走が起きると考えられています。

免疫の暴走により、関節の中では滑膜(関節包の内側を被っている)というところに炎症が起きます。炎症が続くと滑膜が異常に増殖し軟骨や骨を破壊し関節が変形します。

医療機関での治療について

薬物療法基本的な療法として、適度な運動とバランスの良い食生活、冷えや高湿度の注意などが挙げられます。

薬物療法には一般的な痛み止めの他、最近では免疫に働きかけ進行を抑える物や炎症を起こす物質に働きかけ関節破壊の進行を抑える薬などが出ています。

難治性の病気であり原因がわからない現在では、進行を抑えるために多少なり薬物療法に頼らなければならないのが現状です。

整体について

激しい炎症時期には、整体は勧められません。炎症が激しいときには安静が必要になってきますが、但し過度に安静を取ると関節や筋肉の働きが落ちてしまい、その後の回復を阻害します。

激しい炎症が収まっても痛みが続くことがあります。これは先程述べた筋肉や関節の機能が低下して起きる現象です。関節や筋肉の機能を回復させるには、安静時期が長いほど時間がかかります。

整体は、関節や筋肉の機能を向上させるには十分効果を発揮します。関節リウマチの改善には自分流で行っても難しい面があります。ある程度関節や筋肉の働きが向上するまでは専門家による指導が大切と考えます。

北九州市小倉南区にあるリハビリ整体院では、長年の経験により慢性関節リウマチの方にも効果を十分発揮できます。