パーキンソン病について

概念

パーキンソン歩行パーキンソン病とは、手足の震えやこわばりといった運動症状に加え、うつや認知症・自律神経障害なども見られる原因不明の難病です。

多くは50代から60代で発症します。ドーパミンを産生する神経群(脳の深部にある大脳基底核の一部)が変性し脱落する結果としてドーパミンの量が減ってしまい、運動の指令がうまく伝わらず身体の動きが不自由になっていきます。

症状

主な症状は安静時の手足の震えや筋肉のこわばり、動きが少なくなる無動やバランス障害が起きます。その他認知症や鬱といった精神障害、便秘、立ちくらみのような自律神経症状が見られます。

主にすくみ足や小刻み歩行のような歩行障害から突進現象や立ち直り反応の低下といった姿勢反射障害など運動障害が全面に出ていますが、うつや便秘などの自律神経症状の方が早期に出現してきます。

病院での治療

補充療法ドーパミンの補充療法やリハビリテーションが中心となります。最初効果は劇的に効きますが、次第に効果は薄れて長期的には厄介な副作用(体の一部が勝手に動き、止まらないといった不随意運動)が出てきます。

リハビリテーションの場合は、機能障害が進行してから行うのでなく、できるだけ早期の軽いうちから始めることが重症です。

整体について

大腿部施術整体に関しては、筋肉や関節のこわばりを中心に改善させていきます。普通のこわばりと違って神経障害からくるこわばりはかなり厄介で頑固です。更にそのこわばりは体全体に現れます。

普通のこわばりは、体を休めたり自分で柔軟体操をすることで改善していきますが、神経からくるこわばりは自力では簡単には改善されません。

リハビリ整体院では、どこの部位にこわばりが強いのか体全体を観察しながら見つけていきます。細かく見ていきますので、病院や一般の整体院では見つけられないようなこわばりを探し出します。

こわばりの場所は基本的に体全体にありますが、更に細かい筋肉・関節や深部の筋肉までこわばっていますので、整体にはパーキンソン専門の整体が必要となっていきます。
北九州市小倉南区にあるリハビリ整体院では、理学療法士として働いていた経験を含めて長年に渡ってパーキンソン病の方も見ていますので安心して来院されてみてください。

一般の整体同様、神経系の障害が原因の整体も得意としていますので、病院や他の整体院で改善されない場合、一度試して見る価値はあると思います。気になる方は問い合わせされてみてください。